なぜ、私にこの本だったのか

なぜ、私にこの本だったのか

先日参加した、サンマーク出版編集長、鈴木七沖さんの『人生を豊かにするパワーアップ編集術』では、

実は、参加者ひとりひとりに、本のプレゼントがありました。

七沖さんのご自宅の本棚から、参加者ひとりひとりにピンとくるものを選んで持ってきてくださるという、なんとも嬉しいサプライズ。その後、参加されたみなさんの読書後の感想を伺っていると、それぞれに『今必要なテーマ』であることが多かったようです。

私が頂いた本は、こちら。

image

ざっくりいうと、潜在意識とともにいきる方法、目の前で起こっていることは全て潜在意識に刻まれた記憶である、というようなことが書かれていました。

私はこれまで、自分が生まれてから重ねてきた時や経験でしか物事を考えてこなかったので、とても新鮮。もっともっと深いところで、自分自身の潜在意識と繋がって、自分自身を愛していけば、世の中がもっとシンプルになって、もっともっと人生が豊かになるかもしれません。

私が知っている「わたし」は、ほんの一部分でしかなく、ほんとうの自分は、もっと深いところに存在している気がしてきました。

珍しく、一度読んだだけでは抱えきれない感覚が残ったので、もう一度、読んでみようと思います。もっと深く自分と向き合うことが、今の私のテーマなのかもしれません。

 

 

過去記事へ