この音声はどこで使用する?

この音声はどこで使用する?

宅録のニーズが想像以上にありまして。
単価はスタジオ収録より低くなるけれど、夜など空いた時間に好きなタイミングで収録できるので、これはこれでとてもありがたいです。

image

(今回は、商品説明。落ち着いたトーンでとのオーダーでした。)

ただ、相変わらず、編集の終わり時がわからず、納品期限ぎりぎりまで、細かくノイズを取ったりしてしまうのが悩みどころでした。

でも、きょう、とある方に相談をしたら

『その音声をどのような状況で聴くか』が大切で、作業をどこで切るかを決めればよいのでは、とのアドバイス。

納得。

 

今回の初の納品となったクライアントさんからは、オーダーの『落ち着いた』トーンに対して『素敵』と言っていただけました。これからも、ひとつひとつ、応えていきます

 

 

過去記事へ